HOME > 居宅介護支援 > 居宅介護支援とは

概要

居宅介護支援事業所とは、都道府県の指定を受けた、ケアマネジャー(介護支援専門員)がいる事業者です。要介護認定の申請の代行や、ケアプラン(居宅サービス計画)の作成を依頼するときの窓口となり、サービス事業所との連絡、調整等を行います。 お気軽にご相談ください。

ケアマネジャーとは?

保健、医療、福祉の分野で、一定の実務経験があり、所定の試験や研修を終了した介護の専門家をケアマネージャと言います。利用者方の状態に合わせてケアプ ランを作り、サービス事業者の手配をしたり、利用される方がサービスを適切に利用できるように支援する役割を担っています。施設サービスを希望する利用さ れる方には、施設をご紹介させていただきます。

ページの先頭へ

利用対象者

65歳以上の方(第1号被保険者)

介護が必要と認定された方(どんな病気やけがが原因で介護が必要になったのかは問われません。)


40~64歳までの方(第2号被保険者)

特定疾病※が原因となって、介護が必要であると認定された方(特定疾病以外の原因で介護が必要になった場合は、介護保険の対象にはなりません。)

認定は、別途申請手続きが必要です。申請手続きについては、こちらをご確認下さい。

ページの先頭へ

サービス内容

  • 介護保険に関するご相談・アドバイス
  • ケアプランのご提案・作成
  • 保健・医療・福祉・介護サービスとの連絡・調整
  • 福祉と用具レンタル購入のご紹介とアドバイス・申請
  • 住宅回収についてのアドバイス・申請
  • 要介護認定の申請代行

ページの先頭へ

ご相談・お問い合わせ

介護保険を受けるためには?介護保険で受けられるサービスはどういう内容?などなど、介護に関するお悩みにお答えします。 ひとりで悩まず、どんなことでもまずはお気軽にご相談下さい!

お問い合わせ先