HOME > 訪問看護 > 訪問看護とは

訪問看護とは

訪問看護とは、住み慣れたご自宅で安心して療養生活が送れるよう、かかりつけ医師の指示のもと訪問看護師がご自宅にお伺いし支援するサービスです。
訪問看護師は、医師からの訪問看護指示書をあれば自宅に伺うことができます。

各家庭を訪問し看護をご提供

訪問看護師は、医師からの訪問看護指示書があれば自宅に伺えます。

24時間・365日対応

当ステーションでは24時間体制を整えています。
急変時はかかりつけ医と連携し、症状の観察や緊急の処置も行っています。

ページの先頭へ

利用対象者について

訪問看護を利用いただくためには、下記に当てはまる方が対象となります。

  • 要支援・要介護認定を受けている方
  • 病気やけがなどで寝たきりの状態または寝たきりになる心配のある方
  • 寝たきりではないが、障害をお持ちの方や、自宅で継続して療養を受ける状態にある方
  • 病気や療養生活に不安のある方
  • 難病、がん、カテーテル管理が必要な方
  • かかりつけ医師が訪問看護が必要と認めた方

ページの先頭へ

サービス内容

  1. 在宅で医療的処置・療養上のお世話等を行っています。
    入院中と変わらない対応をしています。例えば、経管栄養(体に管の入っている人)・在宅酸素療法・在宅点滴注射・人工呼吸器使用の方、尿管カテーテルなどの管理・褥創処置、予防等医療処置が必要な方、また、寝たきりの方、障害を持っている方の在宅療養を支援します。
  2. 安らかな死・ターミナルケアも支えます。
    同じ事業所内に在宅療養支援診療所を有しているので、訪問診療及びお看取りも行っています。がん末期の方にも、医師の指示のもと痛みの管理や症状の緩和にも努めています。
  3. 症状に合わせた看護を提供しています。
    健康状態の観察と判断・食事、清潔、排泄等の介助、療養生活に関する相談・助言 精神的ケアなどを専門的視点をもって援助します。
  4. その他以下の方々にも対応しています。
    • 認知症や精神疾患の方のケアにも対応し、生活リズムの調整や家族の方の援助、介護相談にも応じています。
    • 介護予防にも対応します。寝たきりの予防、又、関節の拘縮予防や機能回復のため理学療法士が訪問しリハビリテーションを行っています。

介護保険・医療保険の双方に対応しております。

ページの先頭へ

ご相談・お問い合わせ

病院で過ごすのではなく、住み慣れた家で医療・看護受けることができます。
まずは、ご相談下さい。
※訪問看護を利用される場合は、主治医の指示書が必要です。

お問い合わせ先